リリィのブログ

リリィが英会話とワーホリをわっかりやーすく教えるブログだよ。

リリィの英語をわっかりやーすく教えるブログだよ。

2018年7月より永住権申請ポイントが変わったって知ってた?

永住権の話をしようじゃないか

 

こんにちは、りりぃです。
先日、こんな話を書きました。

 

・オーストラリアの大学に行くよ、
・永住権を本気で取りに行くよ

 

これを投稿したことで、かなりの反響がありまして。
とりあえず私のFBで「書いたよ〜〜気なる人がいたらみてみてね」と投稿させていただいたのですが、

 

それぞれのコメントで「気になります」という人がけっこういらっしゃいました。

 

f:id:lily__365:20180809113848j:plain

 

そこで、そもそもの「永住権」について
つい先日、弁護士さんに聞きに行って来たのでお話ししたいと思います。

 

 

永住権は取りにくくなっている

ほんの5~10年前まで、
オーストラリアの永住権はかなり取得しやすいものでした。

看護師でいうと
英語の試験だけをパスすれば、
最短3ヶ月の講習でオーストラリアの看護師免許+永住権がおりていました。

その他、マッサージ師として
学校に行けば永住権取れたし
どこかの会社の事務職としても永住権が取れました。

f:id:lily__365:20180809114129j:plain 

今じゃ考えられない。
チョー簡単で羨ましくなる。

オーストラリア移民受入すぎ問題

ところが近年、
オーストラリア国内でこういう話が出ています。

「移民受入すぎじゃないか」

あいつらのせいで、地価が爆上がりして都心に住めなくなった。どうしてくれるんだ!」

「人口増えすぎ!!!」

 

 どこの国が多いのか

・・・ 

「あいつら」

って誰でしょうか。

最新のオーストラリア政府が出しているレポートを見てみましょう。

これは、2016-2017年に永住権を得た人たちの出身国トップ10です。

f:id:lily__365:20180809103053p:plain*1

出典:2016-2017 Migration Programme Report
- The Department of Miggration and Border Protection

 

グラフの下二つを見てみてください。

そう、
インド/中国人がダントツ

なんです。

英語が第一言語の
イギリスやアイルランドを差し置いての一位。

シドニーのシティ内は、
中国人の富裕層が土地そのものを買い上げて、どんどん値段を釣り上げる価格競争をしています。

 

その証拠がこちら。

f:id:lily__365:20180809104157p:plain

*2

出典: HIA/CoreLogic

 

棒グラフは販売数
赤線が地価を表しています。

もはやシティはバブル状態。

シドニーに来たことがある人は、わかるかもしれませんが、
いわゆる都心部はアジア系でごった返しています。

 

2018年になって、2年ぶりにやっと少しだけ下がったというニュースが流れていましたが・・・(逆にメルボルンが高騰していると。)

www.afr.com

 

その他、人口が密集しすぎて景観が崩れる、

生きにくくなる

犯罪率が上がる

など様々な理由から

「移民やめんかい!!!」 

という世論が出て来ています。

 

実は数字上は、
例年同じぐらいの人数に永住権を発行しています。

f:id:lily__365:20180809105204p:plain

*3

出典:2016-2017 Migration Programme Report
- The Department of Miggration and Border Protection

下が家族による永住権(結婚、親族ノミネート)
上が自力でとった人(看護師とかシェフとか)

棒グラフが、その合計です。

つまり、
永住権発行数を減らしているということでは、ない。

 

ですが、永住権の申請者数自体が多くなってきています。

----------------------------

※2018/08/11追記
ここにニュージーランドについての記述をしていたのですが、
去年のデイリーニュースが出典であり
現在は記事が削除され引用が不可能であるため編集しました。

-----------------------------

そこで2018年7月1日より、

永住権申請の最低ポイントが
60点→65点

になりました。(ガーーーーン)

 

60点って、みんな頑張ればいけるんです。
でも最後の5点って、、、
けっこう頭(とお金)使わないと取れないんですね。

 

 

つまり、永住権申請は難しくなりました。

じゃあどうやって永住権とるの

先ほども言った通り、永住権の発行数が少なくなったわけではありません。

競争率が上がっただけ。

 

つまり、
「ポイントをいかに高くゲットできるか」
がポイントになってきます。

 

【2018年7月】ポイント別永住権発行数

「じゃあどれぐらいのポイントの人に何人発行してるんさ?」

・・・と思ったので、調べてみました。

 

f:id:lily__365:20180809111017p:plain

*4

出典:11 July 2018 Invitation Round
- Australian Government; Department of Home Affairs

 

これが、年度始めの2018年7月に発行された永住権の取得ポイントです。

これを見ると、、
最低70点以上を取れば、
なんとか滑り込める」
ということになります。

ということは、
現状でいうと最低点の65ポイントを持っていても、インビテーション(永住権の付与通達)はこないということ。

 

正直言って、楽ではなさそうです。

だから、私も安易に英語の試験だけで通ろうとせずに
大学に行くことを決めました。

あなたはどう動く

結婚ビザもある

今日は「自力でいく」ことだけを話しましたが、それ以外に

パートナービザというものがあります。

通称「結婚ビザ」。

オージーと付き合って、一緒に住んで、事実婚状態で申請できるビザです。

ですがこれには時間と労力がかかります。

事実婚なら、「本当にマジでこの二人は同棲してて、結婚状態にあるのか?」を政府が本気で調査してきますから、二人でアルバムを作ったり、二人名義の銀行口座を作ったり、同棲したり、、

アリバイ作りが大変。(笑)

 

さらに全てを揃えて申請しても、
待ち続けて3年目、という友達がいます。

 

いつ降りるのかが分からないのがこのビザです。

でも、ポイント稼ぐよりは楽なのかな。。
私の場合はすーさんが日本人のため、
全然該当しないので弁護士さんにも聞きませんでした。

 

永住権を考えているあなたへ

「永住権申請ポイントが変わり
申請も難しくなった」
という悲しい事実を今日は書きました。

 

 

f:id:lily__365:20180809115024j:plain

しかも毎年、オーストラリアはなんの前触れもなしに突然法律が変わります。

日本のように「ここ変えたいなぁ〜〜」なんてほのめかして、何年も大議論をすることはありません。

 

「この法律もう変わったから!」
「今日から変更ね!」
「はーい文句いったって法律だから無理! バッサリ!」

というほどの潔さです。

 f:id:lily__365:20180809114343j:plain
 いつ始めても遅くはないはず。でも急ぐ

私は25歳でオーストラリアに来て、
26歳の今、これから永住権を目指すことを決めました。

 

あなたがどこの国にいて、どれぐらいオーストラリアのことを知っているのか、私にはわかりません。法律専攻かもしれないし、日本のお家でぼんやりと見てくれてるのかもしれない。

 

でも、永住権を目指すなら、
本気で考えて行動した方がいいのは事実です。

 

「他人任せで誰かになんとかしてもらう」という姿勢では、
この競争には勝てないと思う。
オーストラリアでのんびりしつつ、
内心そんなことを思っています。

 

f:id:lily__365:20180809114236j:plain

頑張りたい、チャレンジしたい、という人がいたら。
一緒に頑張ろうね!!!

 

 

今日も読んでくれてありがとうございました。

 

りりぃ。

*1:source:2016-2017 Migration Programme Report
- The Department of Miggration and Border Protection

*2:Source: HIA/CoreLogic

*3:source:2016-2017 Migration Programme Report
- The Department of Miggration and Border Protection

*4:Source: 11 July 2018 Invitation Round
- Australian Government; Department of Home Affairs