リリィのブログ

リリィが英会話とワーホリをわっかりやーすく教えるブログだよ。

ワーホリinオーストラリアで就職したいなら「新卒」の肩書きは絶対に避けたほうがいい理由

 

f:id:lily__365:20190326235721p:plain

この記事を読んでほしい人

  • 「働きたいけど安月給は嫌!」という人
  • そこそこ良い給料でちゃっかりお金を稼ぎたい人
  • オーストラリアで働く/就職を考えている人
  • オーストラリアに移住を考えている人

 

ワーホリでオーストラリアに行き、
アデレード、シドニーで仕事をしておりました、りりぃです。
時給制のファクトリーでセカンドビザを取り、病院、老人ホーム、訪問のアシスタントナースをしていました。今日は、表題の通り「オーストラリアで仕事を無事ゲットするには?」ということについて話したいと思います。

 

なぜ新卒が採用されないか

いきなりですが、本題に入ります。
「日本では当たり前の新卒がなぜ、採用されないのか。」「そんなことって・・・ありえるのか?」私も、この国で散々な思いをするまでは知りませんでした。

日本とオーストラリアの労働社会の違い

まず日本で「新卒」がもてはやされる理由ってなんでしょう。「第二新卒」という言葉があるほど、「新卒」という肩書きは大企業へ就職する条件になっています。

(色々あるとは思いますが)主な理由が、日本の労働の風土にあると私は考えています。そもそも日本は一度就職したら「長く働く」ということを前提に考えますから「教育がしやすい、若くて使いやすい」ということが優先されるのでしょう。スキルアップも給料アップも会社が責任を持って与えてくれます。それが日本。

 

一方、こちらオーストラリアでは経験第一です。またこちらの国では、今より好条件の仕事があればどんどん転職します。ガンガン転職OKの社会なのです。働く本人が言わない限り給料アップがない会社もあります。

言ってしまえば、人は社会で巡るもの。人材が長く会社にとどまらない社会である以上、教育コストは避けたい。なんの経験もスキルもない「使えない人材」の「新卒」なんてただのマイナスです。それよりも、どこからか流れてきた「経験者」を優遇します。

 

無知だった私がこの残酷な事実を知るまで

当時の私には、そんなことを教えてくれる人はいませんでした。アデレードで(アシスタントナースの)仕事を探していたのですが、レジュメを送っても一向に返事はきませんでした。何通送ったのかおぼえていないほど。当時出ていた求人を全部リストアップして片っ端から電話をかけたりしていました。それでも、返信はゼロ。

f:id:lily__365:20190326235926j:plain

そこで、あえて逆に「ここで働くのに必要な条件は?」と聞くことにしました。すると返答は「最低2年以上の臨床経験」「最低半年以上の経験」等、「経験」という単語が目立ったのです。

その時に私が使っていたレジュメには、

「〇〇専門学校(オーストラリアの学校)卒業」

としか書いていませんでした。つまり、自動的に新卒をアピールしてしまっていたのです。そして日本での臨床経験も書いておらず、私自身が「経験がありますよ」というアピールをしておりませんでした。当然アデレードに親戚がいるわけでも、コネもない。これは、暗に「経験ないから一から教育してね」ということを言っているようなものだと、気づきました。「これはダメだ・・・」と悟った瞬間でした。

 

オーストラリアで仕事をゲットする方法


以上の理由で、そこそこの会社、そこそこの給料で働くなら、
「新卒経験なし」のアピールで就活をすると、絶対に、絶対に採用されません。


例外が3つだけあるので、ここで紹介しておきますと

重労働低賃金のワーカーなら経験不要なので就職可能です。例をあげると、ファームやファクトリー。セカンドビザ用のお仕事として有名ですが、これらの職場でワーホリの全期間を過ごす目的の人は問題ないでしょう。

 

セカンドビザ用の仕事を探している方はこちらをどうぞ。

www.lily365.jp

www.lily365.jp

 

もうひとつが、
②ジャパニーズレストランで働くことです。通称「ジャパレス」ですが、ここの店長が「未経験OK」でも求めている理由は、あなたが「日本語が話せる人」だから。仕事中に英語で話すよりも、よりスムーズに通じますから。でも、ジャパレスは手渡し制の給料が多く、つまりオーストラリア政府の定める最低時給以下であることがほとんどです。

※参考までに、私の最低時給は30ドルでしたが、知っているジャパレスの時給は13ドルスタートでした。

最後が、
③美容師や車の整備士の仕事。もしあなたがそういった仕事についているのであれば、この二つの職業はよく募集されているので、「日本で経験ありますよ」といえばなんとか雇ってもらえると思います。

 

f:id:lily__365:20190327000416j:plain


以上、3つをあげましたが、あなたがこれに当てはまらない場合。

そこそこちゃんと仕事をして、いい収入を得たいなら、次に紹介することを試してみてください。

 オーストラリアは経験至上主義

先ほども書きましたが、オーストラリアは「新卒」=「経験なし」とみなされ、使えない人材という意味になります。言ってしまえば経験至上主義。

では、どうするのか。フラッと行って、お金が稼げると思っていた人には厳しい現実かもしれませんが「準備」が必要になってきます。

 

「自分ができること」をあらかじめ明確にしておく

オーストラリアでは履歴書のことを「CV」や「レジュメ」と言いますが、昔の私のように「経歴」だけを控え目に書いて出すと見てもらえない可能性があります。

事実、人気のローカルジョブ(地元で自給の高い仕事)は職場に大量のCVが届きます。目を引くものでない限り、ソッコーで破棄されてしまいます。

 

経歴だけ書いたものよりも、リーダーシップが取れる、他のスタッフとの協力が得意、Fast-Paced(忙しい)環境で働くことに慣れてるなど、アピールポイントを書いたり

カフェであればリーダー業務ができたり、アシスタントナースであれば、アシスタント業務は全部慣れているから「単独で動ける(Without supervision)」等、あらかじめ求人を見て相手先が欲しそうな単語を書いておきましょう。

 

インターン

通常のオーストラリア人は、学生の時に気になる職場でインターンをします。卒業後のCV/レジュメ(履歴書)に、「経験あり」として記載できるからです。

f:id:lily__365:20190327000712j:plain

コネ(知り合い)をたくさん作っておく

ファクトリー系もここに該当しますが、知り合いがいればボスに話を通してもらえます。私はアシスタントナースとして働いていたのですが、「職場が合わなくなるかも」とも考えていました。そんな時のために、オージーの看護師友達や知り合いをたくさんつくって、いつでも他の施設で雇ってもらえるようにしておきました。

あと「コネ就職」はけっこう有名です。

 

経験者のブログを見る

当たり前ですが、下調べは大事です。今までワーホリを経験した人が、どうやって仕事をゲットしているのか調べてみてください。

 

 

何もできないならせめて資格を

 私もこのタイプだったのですが、私は美容師でもなければ、オーストラリアで通用するような資格を持っているわけでもありませんでした。自分の手元にあるのは、身体ひとつと「看護師/保健師」という日本の国家資格。

当然オーストラリアでは別の資格が必要です。「このままじゃ死ぬ!でもジャパレスで死ぬほど働くのもヤダ!」と思って、出国前に学校に申し込み、オーストラリアの「アシスタントナース」の資格を取るに至りました。

当時の私は、「セカンドビザ用の仕事」の存在も知らず、日本人のブログに沢山の情報が載っていることも知らない「行き当たりばったり野郎」だったので本当に苦労しました。

f:id:lily__365:20190327000847j:plain

この記事にたどり着いているあなたは、その点で当時の私よりも数段上をいっています。自信もってください。

あなたにしてほしいこと

もし、あなたが今オーストラリアにいて「すぐに」仕事を見つけないと金銭的にやばい人は、とにかく工場や日本食レストラン、それ以外の仕事でもなんでもいいので資金をゲットしましょう。

私がそうだったのですが、お金が底をつきそうになるとめちゃくちゃ焦ります。不安で眠れなかったり、何かに追われている気持ちで正しく判断ができなくなったりします。

だから、お金は大事。この国は「仕事を辞めやすい国」なので、安心して数週間働きましょう。

f:id:lily__365:20190327000944j:plain

いま学校にいる人は。

次にどんな仕事につきたいのかをいまのうちにこっそり調べ始めてください。

学校にいる友達にあわせて、「みんな何もしてないし〜」と思っていても、オーストラリアは新卒にとっての就職氷河期。現実は甘くありません。

 

最初から高給取りになれるわけではなく、必ず下積みをする覚悟をすることです。現場に入ってしまえば、関連の会社で働く人と出会えたり(私なら別の職場の看護師など)、ヘッドハンティングにあったりもします。ワーホリ中だって、ありえますから。

働きずくめよりも、そこそこいい給料で働いて、のんびり旅行がしたいではありませんか。せっかくのオーストラリアだから、時に賢く、時にリラックスして過ごしていきましょう。

 

読んでくださってありがとうございました。

りりぃ。